1. TOP
  2. セキセイインコの飼い方
  3. 小鳥用クリッカーでできるバードトレーニングのやり方【インコ初級】

小鳥用クリッカーでできるバードトレーニングのやり方【インコ初級】

インコには3~5歳児程度の知能があるといわれる賢い動物。Youtube動画などで、クリッカートレーニングをしたインコの動画を見て、「こんな芸もできるんだ」と驚いた人もいると思います。我が家でもバードトレーニングはクリッカーを使って行いました。そこで今回は、これからクリッカートレーニングを始めようと思っている人へ、必要なものと初級のやり方をご紹介します。

クリッカートレーニングとは?

(クリッカートレーニングで、障害物を指定のところに移動する練習の風景です。)

クリッカートレーニングとは、インコだけでなく、犬や猫をしつける際に使う「カチ」と音が鳴るクリッカーを使うものです。決して魔法の道具ではなく、ただ押せば毎回同じ「カチ音」がなるという道具。しかし、これがペットにとっては大きな意味を成します。

なぜクリッカーを使うことでトレーニング効果があるかというと、私たちがペットに芸やしつけをする際、自己流でやると、あるときはおやつを与え、あるときは撫でてほめるなどします。しかし、それは結果的にペットを混乱させかねません。ペットに何かを学習するためには、一定のルールを与える必要があるのです。

その際に活躍するのが、クリッカー。毎回、トレーニングの際にクリッカーのカチという音がなると「褒めてもらえた、ご褒美がもらえる」と認識します。そのため、学習効果が高まり、初心者でもしつけがしやすくなるのです。

クリッカートレーニングに必要なもの

(これが我が家で使っている、クリッカーとご褒美(ケース)です。)

クリッカートレーニングを行う際に必要なものは、2つだけ。クリッカーとご褒美となるおやつです。クリッカーは、小鳥用があるわけではなく、犬、猫でもすべて共通です。Amazonや楽天などで、数百円で購入できますよ。

(クリッカーには犬用、鳥用があるわけではないので、犬用と書いてあるクリッカーでも問題ありません。)

そして、ご褒美となるおやつ。これはインコの好みによって変わりますが、我が家では粟穂をあげています。粟穂は食べ過ぎても肥満の原因にはなりませんし、それでいて粟穂が好きなインコは多いのでおすすめです。粟穂をそのままあげても良いのですが、ボロボロこぼれるので、我が家では小さなスライドケースにいれてあげています。

さっそくクリッカートレーニングをしてみよう!

クリッカーとご褒美が揃ったら、さっそく始めてみましょう。まずは、インコにクリッカーの存在を知ってもらうことからはじめます。やり方は簡単で、インコの近くでクリッカーを鳴らし、すぐにご褒美を与えます。これを何度も続けていると、インコは「クリッカーがなる」→「ご褒美がもらえる」ことを学習します。

我が家のインコは1回(10分くらいやり続ける)をやったらすぐに意味を理解したようでしたが、インコちゃんによっては、数日これを続けて、クリッカー音が聞こえたらすぐにご褒美を探す素振りを見せるまで、続けて意味をしっかりと理解させましょう。

クリッカートレーニングは何からはじめる?

クリッカー音の意味をインコが理解したら、実際にトレーニングをはじめてみましょう。トレーニング内容は何を教えたいかによっても異なりますが、初級編としておすすめなバードトレーニングには下記があります。

  • 手の上に乗る、手に触れる(飼い主の手に慣れていないインコへのトレーニング)
  • キッチンスケールに乗る(体重測定の練習)
  • 指定のおもちゃにタッチする

飼い主の手に慣れていない、ケージから出たがらないインコには、ケージ越しでクリッカートレーニングを行い、音の意味を理解したら、次に餌を握った手を触る→クリッカーを鳴らす→手に持っているご褒美をあげるというステップで教えていきます。これを何度も繰り返すことで、手に触れる、乗ると良いことがあると学習するようになります。

次に体重計(キッチンスケール)に乗る練習です。キッチンスケールをインコの近くに置き、まずは近づいたらクリッカーを鳴らしてご褒美をあげることからスタートし、次にキッチンスケールに触れたらあげる、少しでも乗ったらあげる、長く乗っていられたらあげるとステップアップしていきます。

これはキッチンスケールだけではく、何か乗せたいもの(台や止まり木)などにも応用できます。

そして、次が指定したものをタッチすることです。はじめやすいものとして、インコが興味をもっているおもちゃなどが良いでしょう。我が家のインコは、クリッカートレーニングをするときに、すでに手乗りで体重計にも乗れていたのでここからはじめました。

我が家でのクリッカートレーニングの様子を動画でも紹介していますので、よければご覧ください。最初は指定物をタッチするから、動かすなど応用編を加えて教えていきました。

クリッカートレーニング効果をあげるポイント

クリッカートレーニングでは、必ずこれをやらないといけないというのはありません。インコによっても得意、不得意があるでしょう。はじめは、インコちゃんが覚えやすい物からはじめて「できる体験」を積み重ねていきましょう。するとインコちゃんも徐々に学習しはじめて、何をしたらクリッカーがなるか考え、行動するようになります。

また、一日でもクリッカートレーニングできる時間は限られています。それはインコがトレーニングに興味があるときだけです。はじめは、1日5分~慣れさせていきましょう。あまり乗り気ではないときは、無理に続けるのではなく、時間を変えてチャレンジしてみましょう。クリッカートレーニングを楽しいものだと認識してもらうためにも、飼い主さんが時間の余裕があるときに、決して焦らず見守りながらやってあげてくださいね。

まとめ~バードトレーニングは楽しい~

インコにバードトレーニングをすることで、コミュニケーションの幅が広がります。クリッカーを通して意志疎通することで、インコちゃんの知能を刺激して、新しいことを学習させることができるからです。はじめは簡単なことからスタートし、徐々にステップアップしていきましょう。不明なことがあれば、動画のコメント欄にご質問いただければ回答いたします。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

セキセイインコ倶楽部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

セキセイインコ倶楽部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • セキセイインコの鳴き声はうるさい?鳴き声の意味や対策方法

  • セキセイインコの寿命、ギネスの最長記録は29歳って本当!?

  • セキセイインコ飼っても大丈夫?鳴き声、餌や寿命、病気チェックリスト

  • インコを飼うのは大変?セキセイインコを飼うメリット・デメリット5つ

  • 海外ではこんなに違う?セキセイインコの飼い方、日本との違い6つ

  • 飼い方は難しくない?セキセイインコを手乗りにする方法3つ